訪問したよ!のしるしに下のボタンをポチきて応援していただけるとうれしいです。 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
春休み中、毎年行っているのは、オモチャなど子供の持ち物の見直しです。

押し入れの物を全部出して、ため込んできたものを見直します💦


2人とも小学生に上がり、習字道具、ピアニカ、裁縫道具など学用品も一気に増えました。なので、大物学用品を持ち帰る長期休みは、荷物だらけになってしまうんです

IMG_5130


見直すのは、
オマケでもらったオモチャ。
幼かった頃のオモチャ。
などオモチャや、チャレンジの教材、ノート、テストなどなど。


今日は1時間半ほど片づけましたが、子供は途中から飽きてしまうようです。1時間以内に終わらせるのが良いかもしれません。
IMG_5129

こちらは、片づけ終盤の様子。

片づけ始めは、物にあふれてすごい光景でした




夏休み、冬休み、春休みとガッツリとオモチャと学用品の見直しをしています。

秋はテスト、プリント類を手放す程度にしています。


何度も続けてきて思う事は、
「小さな子供も要・不要を見極める事はできるようになる」

「子供が要らないよーと言った物は、やはり何年か経っても使わない!」でした。

電車やトミカ類、何年も触っていません‌知り合いにあげる予定にしていたのに、まだ残っています。


今回、汚れが目立ってきてレールだけは手放せました


これは親が手放す心の準備がきでていないだけなんですね。


誕生日に義母からプレゼントにもらったとか、このオモチャ遊び足りていないんじゃない?とか。このオモチャで子供にまた、あの時のように遊んで欲しいとか(^^)



親の気持ちも反映されてしまうと、物はなかなか減らないんですね。



子供はとっくにそのオモチャ卒業しているのに、、、‌プラレールで遊んでいた時の子供可愛かったなぁ、、、。



にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

今回の見直しを機に今さら気がついたよしママでした。自分への戒めですが、

「オモチャの要・不要の選択の主導権は子供に!!」(^^)