最近子ども向けの片付け本を見つけてきました。
image

なぜなら、最近子どものランドセルの中がごちゃごちゃしてきたから。鉛筆が筆箱の中に入っていない時もありました。昨日は消しゴムを学校でなくしたとか



入学して夏休みまでは親も子どもも緊張して毎日宿題や忘れ物チェックをしていたのですが、冬休み明けにはすっかり慣れてきて(私も怠けて)、子どものランドセルの中には、ランチョンマットがぐちゃぐちゃに入っていたり、学校に宿題プリントを忘れてきたり、整理整頓ができないことで困ることがチラホラ出てきました。

どんなに親が気を付けていても、学校の机の中の整頓はなかなかできません。きっと机の中もごちゃごちゃしているのでしょう。

慣れもあると思うのですが、2年生になるともっと忘れ物、紛失などが増えそうな予感。高学年にもなると親に注意されても直さないかも!?という危機感もあって小さな頃から片付けが上手にできる子になってほしくて、借りてきました。
にほんブログ村 トラコミュ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)へ
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

中は漫画で面白ろおかしく、学校でのあるあるネタが満載です。二人で取り合いして読んでいます。
image


本が苦手な私も漫画と大きな文字やイラストで楽しく勉強できます。主人公のこの男の子を中心に色々な場面の困ったを解決していきます。自分に投影して「あー私と同じだ」と思える内容になっています。
image


今回読んだのは学校編。大人では10分もあれば読めました。しかも楽しいです。高学年のお子さんは20分もあれば読めそうです。

目次の一部は、

ポケット
机の中
ロッカー
お道具箱

など一つ一つ丁寧に具体的に片付け方を教えてくれます。
にほんブログ村 トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけへ
こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

その中のお道具箱。幼稚園時代の古い物があったので実践してみました。奥には使う回数が少ない物、手前には多い物。大きさや形に合わせて区切ると良い。区切るものは背の低い空き箱を利用するとよいそうです。(写真のは高いですが)
image


学校によっては特に1、2年生は入れ方が決められているかもしれません。高学年ともなると指定する先生も少ないと思います。片付け上手な子どもと片付けが苦手な子どもの差が出やすいので、この本を読んでお道具箱を持ち帰ってきた時に一緒に片付けるとうんと使いやすくなると思います。親が勝手に一人でやってしまうより子どもと一緒に使用頻度を聞きながら箱を探したりするとよいと思います。

娘が学校から帰宅したら、学校のお道具箱の中の様子を聞き出そうとおもいます
にほんブログ村 トラコミュ おうちを片づけたいへ
おうちを片づけたい



にほんブログ村 トラコミュ そうじ・洗濯のコツ~きれい大好きへ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

↑私が作ったトラコミュです。
お掃除が好きになれるかも
ブロガーさん記事投稿ありがとうございます。

ランキングに参加しています
2つ応援ポチ押していただけると嬉しいです。一日一回有効です。他のランキングが見られます。

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ

マイクロファイバークロス つきです



発売中です。増刷決まりました
今日も、最後までありがとうございました。